薬剤師との関わり

薬剤師との関わり

薬剤師は病院の医師と同じ様にみなさんと関わりのある存在です。
薬剤師というのは意外に身近な存在かもしれません。

病気や怪我で病院にいった時、医師に診察してもらい、必要であれば薬がでます。その薬、医薬品を取り扱っているのが薬剤師です。
薬剤師はどんな状況においても薬の服薬について、患者に説明をする義務があるそうです。

そうです。
みなさんにとって身近な薬剤師といえば薬の調合や服薬の説明をしてくれる薬剤師ではないでしょうか。

入院できる病院では点滴や注射の薬も薬剤師が取り扱うし、経口栄養食を作るのも薬剤師の仕事です。
病院内では医師と同じ様に白衣を着ているので見分けがつきにくいかもしれませんが、病院内でも薬剤師は患者と関わっている様です。

日本では1951年に医薬分業といって、医師、歯科医師は診察や薬の処方をし、薬剤師がその薬剤の調剤、投与をするという法律が定められました。
薬局というところには薬剤師が常駐していて調剤室がなくてはならないそうです。
そして、薬局では処方箋に基づいて調剤することができる場でもあるそうです。

調剤というのは既製の医薬品以外を取り扱うということで、調剤薬局は医療を提供しているということにもなります。

医薬品は病気や怪我を治すにあたって、なくてはならない存在なのです。
診察を受けるだけでは、治らない病気や怪我がたくさんあります。

病気や怪我で求める薬、それを受け取るためには薬剤師は必ずいるのです。
病院で診察を受け処方箋をもらい、処方箋を受け付けてくれる薬局にて、薬を購入したことある人は多いと思います。

薬剤師求人 アポジョブ 薬剤師の求人数、全国業界最大級の規模で募集しております

医師と薬剤師の仕事の違い

医師からは病状の説明、薬剤師からは薬の説明を受けます。
薬というものはとても素晴らしいもので、傷み等の苦痛を和らげたり、菌を殺したり、私たち人間にとってなくてはならないものですが、薬の種類は実にたくさんあります。

例え、同じ目的で服用する薬であっても、飲む人の体質に合う合わないということもあります。間違えなんて絶対にあってはなりません。
好き勝手に飲むわけにはいかないのです。

もちろん服用する側もわからないまま飲むなんて心細いものです。
中にはたくさんの種類の薬を服用する必要のある患者さんもいます。

そんな患者さんが不安な気持ちにならないためにもしっかりと薬のことを説明してくれる薬剤師が必要なのです。

薬を必要としている人がいるのであれば、必ずそこには薬剤師がいなくてはならない、それは薬を安全にかつ有効的に服用するためです。

人間が生きていく為に薬が必要であるならば、薬剤師という仕事は人にとって必要不可欠な存在ということになります。

既製の医薬品にだって、多くの薬剤師が関わって完成されたものです。
薬剤師は薬局に常駐するだけでなく、医薬品の開発にも多いに活躍していて、みなさんがよくご存知の医薬品会社では多くの薬剤師が日々薬を向き合って、よりよい医薬品を開発しているのです。

ですから、たとえ、病院に行ったことない何ていう人も日頃服用している医薬品に薬剤師が関わっているのです。
この様に薬剤師は薬局のように人と向き合う職場だけではなく、研究所でも活躍しているのです。薬剤師はよく知られている薬の調合だけではなく、その他にも様々な仕事がある様です。

私たちの知らない職場もたくさんありそうです。
知らないところでも薬剤師との関わりがあるかもしれません。